ラヂウム・放射能・原子核エネルギー

ガストン・ヂュピュイ 著 ; 杉浦義勝 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者まえがき / p3
  • 第I章 十九世紀の科学的諸修得に関する展望
  • 1 原子論 / p7
  • 2 化学的分類と類似 / p12
  • 3 気体の運動学的理論 / p13
  • 4 クルックスの放射物質 / p20
  • 5 カナール線 / p27
  • 6 電気の生産物:光,熱,圧力.光電効果 / p33
  • 7 熱電子現象 / p38
  • 8 X線 / p40
  • 第II章 ラヂウムにおけるX(未知)線
  • 1 ベッケレル,ピエールとマリー・キュリー / p45
  • 2 第一の結果:トリウム,ポロニウム,ラヂウム,アクチニウム / p48
  • 第III章 ラヂウム,電気,光,熱の連続源
  • 1 ラヂウムの放射線 / p53
  • 2 α線 / p54
  • i) α線の到達距離 / p54
  • ii) それは荷電されたヘリウム原子 / p56
  • iii) ヘリオンの飛跡中 / p58
  • iv) 如何にしてそれを見,計数できるか / p60
  • 3 β線 / p62
  • i) それは電子 / p62
  • ii) β線の速さ / p64
  • 4 γ線.それはX線 / p65
  • 5 ラヂウムの温度 / p67
  • 6 放射線の生物学的効果:ラヂウム療法 / p68
  • 第IV章 放射性物質の寿命
  • 1 諸エマネーション / p71
  • 2 放射性沈積物 / p73
  • 3 放射性変脱 / p74
  • 4 寿命 / p77
  • 5 放射性元素系 / p79
  • 6 同位元素 / p84
  • 第V章 原子の顔姿
  • 1 原子の模型 / p89
  • 2 核の外郭 / p90
  • 3 物質の単位とエネルギー / p95
  • 4 構造と化学的性質 / p99
  • 第VI章 錬金術から核化学へ
  • 1 ラザフォードが窒素を酸素に変換する / p105
  • 2 二つの新しい粒子:中性子,陽電子 / p109
  • 3 核の像へ加える修正 / p113
  • 4 核の照射 / p115
  • 5 サイクロトロンの原理 / p116
  • 第VII章 挑発された放射能
  • 1 ジョリオ‐キュリー夫妻が新天地を開拓した / p119
  • 2 核の爆発 / p121
  • 3 ウラニウムとその同位元素.中性子の作用 / p122
  • 4 原子炉堆の原理 / p125
  • 5 原子爆弾 / p130
  • 6 原子核爆弾の諸効果 / p132
  • 7 核エネルギーの将来 / p132
  • 結論 / p135
  • 綜合文献 / p136

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ラヂウム・放射能・原子核エネルギー
著作者等 Dupuy, Gaston
杉浦 義勝
ガストン・ヂュピュイ
書名ヨミ ラジウム ホウシャノウ ゲンシカク エネルギー
書名別名 Rajiumu hoshano genshikaku enerugi
シリーズ名 文庫クセジュ ; 第12
出版元 白水社
刊行年月 1951
ページ数 136p
大きさ 18×12cm
NCID BN08389313
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52001643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想