星の一生

ジュニオル・ゴージ 著 ; 村岡敬造 訳

[目次]

  • 目次
  • 譯者のまえがき / p3
  • 第I章 太陽と恒星のエネルギー / p7
  • 二重の問題:エネルギーの起原,星の進化 / p11
  • 古い假說 / p12
  • 原子核エネルギー / p18
  • 本書の方針 / p20
  • 第II章 原子の講造 / p23
  • 元素の周期律表,同位元素,原子量 / p26
  • 原子の構造,周圍の電子層 / p30
  • 化學反應 / p31
  • 原子核,それを構成するもの / p32
  • 陽電子 / p35
  • 原子核の記號 / p36
  • 第III章 原子の轉換 / p37
  • 放射性轉換 / p39
  • 實驗室における核反應の實現 / p42
  • 人工放射性元素 / p43
  • エネルギーの保存,質量とエネルギー / p45
  • 核反應におけるエネルギーの變化 / p47
  • 高溫における核反應の促進 / p50
  • 熱原子核反應の例:2個の陽子が合して重水素ができること / p54
  • 第IV章 恒星の講造と溫度 / p57
  • 恒星のスペクトルによる分類 / p59
  • 電離 / p60
  • 星のスペクトルの意義 / p61
  • ラッセルのスペクトル‐光度の圖表,短星と巨星,白色矮星 / p63
  • 星の表面溫度と内部溫度の計算 / p67
  • 星の物質の性質 / p70
  • 輻射壓 / p72
  • 星の≪模型≫ / p73
  • 質量‐光度の關係 / p74
  • 星の内部の物理的性質 / p77
  • 第V章 星の内部における核反應 / p81
  • 水素と輕い元素の可能な核反應 / p86
  • 炭素の循環反應 / p90
  • 赤色巨星の内部における核反應 / p99
  • 第VI章 星の進化 / p101
  • 赤色巨星と星の若さ / p105
  • 主系列の星の進化 / p108
  • 星の老衰 / p110
  • 太陽の過去と將來 / p115
  • 新星と超新星 / p117
  • 第VII章 宇宙の創生 / p121
  • 星と星雲 / p123
  • 宇宙の年齡 / p125
  • 星の進化と質量-光度の關係 / p128
  • 恒星や星雲の構成 / p129
  • 重い元素の起原 / p131
  • 結論 / p133

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 星の一生
著作者等 Gauzit, Junior
村岡 敬造
ジュニオル・ゴージ
書名ヨミ ホシ ノ イッショウ
シリーズ名 文庫クセジュ ; 第43
出版元 白水社
刊行年月 1952
ページ数 136p
大きさ 18cm
NCID BN08388762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52009068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想