陰謀大化改新 : 仕組まれた東アジアの政変

小林恵子 著

大化改新は「王政復古」でも「社会改革」でもない。それは東アジアの動乱のひとつだった。好評『聖徳太子の正体』『二つの顔の大王』に続く衝撃の小林古代史、待望の第三弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治百年、つくられた"大化改新"
  • "改新之詔"は存在したか
  • 山上憶良「貧窮問答歌」の社会
  • 百済の政治家、蘇我一族の登場
  • 大王位をめぐる蘇我一族の私闘
  • 唐・三国の攻防と馬子暗殺
  • 孝徳はどこから来たか
  • ゆらぐ山背王朝
  • 山背弑殺・影の主役たち
  • "乙巳の変"の真相
  • 高向玄理と蓋蘇文
  • 唐・太宗の高句麗親征と"乙巳の変"
  • つかの間の古人大王
  • 百済義慈王の倭国進出
  • 蘇我一族の経済力とその興亡
  • 蘇我石川麻呂の遭難
  • 消されたもうひとりの女帝
  • 2人の「大臣」
  • 中大兄と大海人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陰謀大化改新 : 仕組まれた東アジアの政変
著作者等 小林 恵子
書名ヨミ インボウ タイカ ノ カイシン
出版元 文芸春秋
刊行年月 1992.9
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4163467807
NCID BN0837796X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92065954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想