身分制社会と市民社会

塚田孝 著

政治的に編成された「古い市民社会」を考察し、その存立構造の核をなす「身分制」の視点から近世社会の特質に迫る論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 身分制の視点から(近世の刑罰
  • 入足寄場収容者について
  • 吉原-遊女をめぐる人びと)
  • 第2部 賎民制に内在して(弾左衛門支配と新町宿
  • 弾左衛門の支配と法
  • 異なる呼称-近世後期・江戸の非人についての1考察)
  • 第3部 研究史と相対して(近世身分制研究と非人論の見地
  • 前近代における身分制史研究の諸問題
  • 近世賎民制研究をめぐる2、3の問題
  • 安良城説における日本史の全体構想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身分制社会と市民社会
著作者等 塚田 孝
書名ヨミ ミブンセイ シャカイ ト シミン シャカイ
書名別名 近世日本の社会と法

Mibunsei shakai to shimin shakai
シリーズ名 ポテンティア叢書 20
出版元 柏書房
刊行年月 1992.12
ページ数 334p
大きさ 21cm
ISBN 4760109110
NCID BN08369327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93011595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想