ある反時代的考察 : 人間・世界・歴史を見つめて

カール・レーヴィット 著 ; ベルント・ルッツ 編 ; 中村啓, 永沼更始郎 訳

東西の思想的伝統の精髄を縦横に汲み取りつつ、人間の実存と歴史の意味をめぐり、深く反時代的に思考したが故により即時代的であったレーヴィット。ハイデッガーやC.シュミットを批判し、ナチスに抗した戦前・戦中の論考はじめ、1950年から70年までの円熟期の思索を集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 実存哲学
  • 政治的決断主義(C.シュミット)
  • ヨーロッパのニヒリズム
  • 世界の歴史と救済の生起
  • 自然と歴史
  • 人間の自然と人間性
  • マルクス主義と歴史
  • 人間と歴史
  • 東洋と西洋の相違に対する所見
  • 60年後のニーチェ
  • 歴史の意味について
  • 進歩の宿命
  • キリスト教、歴史、哲学
  • ハイデッガーの存在の問題に寄せて
  • 真理と歴史性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある反時代的考察 : 人間・世界・歴史を見つめて
著作者等 Lutz, Bernd
Löwith, Karl
中村 啓
永沼 更始郎
Lowith Karl
ルッツ ベルント
レーヴィット カール
書名ヨミ アル ハン ジダイテキ コウサツ
書名別名 Der Mensch inmitten der Geschichte

Aru han jidaiteki kosatsu
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 384
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.11
ページ数 512, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4588003844
NCID BN08360810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93019989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想