はじめてのインド哲学

立川武蔵 著

自己と全宇宙との合一をめざし、3000年の「聖なる」思索を重ねたインド。壮大にして精緻な精神のドラマを、1巻に凝縮する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自己と宇宙の同一性を求めて
  • 第2章 汝はそれである-ヴェーダとウパニシャッドの世界
  • 第3章 仏教誕生-ブッダからアビダルマへ
  • 第4章 バラモン哲学の成立
  • 第5章 大乗仏教の興隆
  • 第6章 バラモン哲学の展開-ヴェーダーンタ哲学
  • 第7章 タントリズム(密教)の出現
  • 終章 世界の聖化の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめてのインド哲学
著作者等 立川 武蔵
書名ヨミ ハジメテ ノ インド テツガク
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1992.11
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 4061491237
NCID BN08358954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93011521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想