ハングルへの旅

茨木のり子 著

『朝鮮民謡選』をくり返し読んだ少女時代。心奪われる仏像がすべて朝鮮系であることに気づいたのは、30歳過ぎた頃。そして、あたかも、見えない糸にたぐり寄せられるかのようにして50代から著者が学び始めたハングルは、期待通りの魅力あふれる言葉だった。韓国への旅の思い出を織りまぜながら、隣国語のおもしろさを詩人の繊細さで多角的に紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじまりが半分だ
  • 2 日本語とハングルの間
  • 3 台所で匙を受けとった
  • 4 旅の記憶
  • 5 こちら側とむこう側

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハングルへの旅
著作者等 茨木 のり子
書名ヨミ ハングル エノ タビ
シリーズ名 朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1989.3
ページ数 262p
大きさ 15cm
ISBN 4022605448
NCID BN08348575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89025825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想