日本語論究  2 (古典日本語と辞書)

田島毓堂, 丹羽一弥 編

[目次]

  • 順<和名>粗描
  • 類聚名義抄和訓小考
  • 改編本系『類聚名義抄』・『龍龕手鑑』にみえる「或」および「或作」の字体注記について
  • 観智院本『類聚名義抄』所引の『本草和名』について
  • 『日本辞書言海』の校正刷の記述について
  • <女郎花>考
  • 和語サ変動詞の機能-『源氏物語』を資料としての一報告
  • 助動詞キ・ケリの機能-最勝王経古点・三宝絵詞・今昔物語集を資料として
  • 『平家物語』における疑問詞の係結び
  • 『四書』の「一斎点」について
  • 『捷解新語』タ行オ段拗長音子音部への音注について
  • 清濁小考
  • 語彙論的語の単位試論-意味単位と分類単位と

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語論究
著作者等 丹羽 一弥
田島 毓堂
書名ヨミ ニホンゴ ロンキュウ
書名別名 古典日本語と辞書
シリーズ名 研究叢書 121
巻冊次 2 (古典日本語と辞書)
出版元 和泉書院
刊行年月 1992.10
版表示 初版第2刷
ページ数 256, 97p
大きさ 22cm
ISBN 4870885565
NCID BN08348178
BN13738375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93026170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想