寝覚  下

関根慶子 全訳注

中下巻は一続きの世界で、この下巻も心理小説的である。帝の熱いご執心や生霊事件などでくるしみ抜いた女主人公は、父入道の隠棲する広沢に身を避け、出家を決意する。父は承諾するが、男女人公の知るところとなり遂行できない。男君に全てを打明けられた父入道は後悔に沈むが、孫姫と対面する入道の喜びなども展開する。帝の恋情と男主人公の執拗な嫉妬のはざまに苦悩し続ける女主人公の内奥の世界は、独特の陰影の中で更に深まる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寝覚
著作者等 関根 慶子
書名ヨミ ネザメ
シリーズ名 夜半の寝覚
講談社学術文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1986.5
ページ数 357p
大きさ 15cm
ISBN 406158734X
NCID BN08342502
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86035265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想