森林環境と流域社会

北尾邦伸 著

自然や生態系の破壊が進む中で、森林に対する国民の過剰な期待と危機的状況にある林業の未来を冷静に見すえる。生産現場に密着しながら、自然環境を維持することの林業における可能性を追求してきた著者の、森林社会実現にむけての熱い思いがあふれる"森林環境学序説"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序説-森林化社会と森林・林業
  • 2 流域林業の原形とその変容
  • 3 森林環境整備への社会資本の投入-滋賀県における公社造林
  • 4 林業における「産地形成」の動き
  • 5 森林化社会の社会学-知床問題からの接近
  • 6 終章-「森から」の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森林環境と流域社会
著作者等 北尾 邦伸
書名ヨミ シンリン カンキョウ ト リュウイキ シャカイ
出版元 雄山閣
刊行年月 1992.11
ページ数 243p
大きさ 22cm
ISBN 4639011288
NCID BN08338447
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93009365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想