雨の科学 : 人工降雨の話

磯野謙治 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p1
  • I. 雨量と雨の強さ / p9
  • 1. 雨量はどのようにしてはかるか / p9
  • 2. 雨の強さとは何か / p15
  • 3. 雨はどのようにして降るか / p18
  • II. 空気の中の水蒸気 / p19
  • 1. 空気は何からできているか / p19
  • 2. 沸とう点と飽和水蒸気圧 / p21
  • 3. 飽和水蒸気圧は温度によってどのように変わるか / p25
  • 4. 空気中の水蒸気の量はどのように測るか / p30
  • 5. 湿度計 / p31
  • III. 雲 / p35
  • 1. 雪の種類 / p35
  • 2. 上昇する空気 / p39
  • 3. 雲粒はどのようにしてできるか / p42
  • きれいな空気中では雲はできない / p42
  • ウイルソンの霧箱と凝結核 / p47
  • 雲や霧の核となる物質はどんな性質をもたなければならないか / p50
  • 雲や霧の核となる物質は何か / p57
  • 4. 雲粒はどのようにして大きくなるか / p62
  • 5. 雲粒の大きさ / p66
  • 6. 雲の中に含まれている水の量 / p71
  • 7. 0℃より温度の低い雲 / p74
  • 8. 水の過冷却 / p75
  • 9. 氷晶核 / p80
  • 10. 雲はなぜ空中に浮いているか / p86
  • IV. 雨と雪 / p90
  • 1. 雨粒の大きさ / p90
  • 2. 雨粒の大きさはどのようにして測るか / p92
  • 3. 雨はどんな大きさの雨滴からできているか / p94
  • 4. 雨はなぜレーダーで見ることができるか / p94
  • 5. 雪 / p100
  • 6. 雪の結晶の形,落下速度 / p101
  • 7. みぞれ,凍雨,雨氷 / p106
  • 8. 雨や雪の中には何が含まれているか / p107
  • V. 雨はどのようにして降るか / p112
  • 1. 雨が降るには何が必要か / p112
  • 2. 上昇気流はどのようにしてできるか / p114
  • 3. 山に沿って昇る気流 / p121
  • 4. 温暖前線 / p122
  • 5. 台風などの中心附近に起る上昇気流 / p124
  • 6. どのようにして雨は降り始めるか / p126
  • 7. 雨粒は雲粒を捕えて大きくなる / p132
  • 8. 雨の二つの型一氷晶雨と暖い雨 / p136
  • 9. 氷晶から始まる雨一氷晶雨 / p137
  • 10. 暖かい雨 / p147
  • 11. ひょうはどのようにして降るか / p151
  • VI. 人工降雨 / p156
  • 1. 水と生活 / p156
  • 2. 人工降雨の歴史 / p165
  • 3. 科学的人工降雨の始まり / p168
  • 4. ドライアイスを使う方法 / p173
  • 5. 沃化銀などの氷晶核の種まきによる方法 / p176
  • 6. 水や塩をまく方法 / p180
  • 7. 広い地域内の人工降雨の効果(地上発煙法) / p184
  • 付録 / p190
  • 1. 飛行機雲 / p190
  • 2. 沃化銀を地上から発煙したときの効果の判定方法 / p192
  • 索引 / p199

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 雨の科学 : 人工降雨の話
著作者等 磯野 謙治
書名ヨミ アメ ノ カガク : ジンコウ コウウ ノ ハナシ
書名別名 Ame no kagaku
シリーズ名 地学教室
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 1961
ページ数 198p 図版
大きさ 19cm
NCID BN08331721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61005493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想