源氏物語の喩と王権

河添房江 著

旧修辞学概念としての「比喩」でなく、世界認識のための方法的概念としての<喩>を武器にテクスト『源氏物語』に伏在する深層構造を読み解いて、<喩>の視界から視えざる内部世界の扉を開き光源氏の王権譚が生成するありようを明晰に分析した新領域に挑む、しなやかな若い力に充ちた注目の論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 花の喩
  • 2 暁の喩
  • 3 光の喩
  • 4 光源氏の王権譚
  • 5 六条院王権の光と影
  • 6 源氏物語と竹取物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語の喩と王権
著作者等 河添 房江
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ノ ユ ト オウケン
シリーズ名 源氏物語
出版元 有精堂
刊行年月 1992.11
ページ数 391, 16p
大きさ 22cm
ISBN 4640310366
NCID BN0833014X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93011037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想