医学史と数学史の対話 : 試練の中の科学と医学

川喜田愛郎, 佐々木力 著

誕生時点から現実の課題にさらされ続けた長い歴史を有する医学。その医学と医学史こそ、これからの学問のモデルだと認識した気鋭の数学史家が、基礎医学の広汎な分野で活躍し、医学史分野でも画期的な業績を上げている碩学に、医学の史的展開について問いかける。対極的な専門分野にもかかわらず、脳死等の現実的課題への対応には歴史的反省の上に立つ理性的観点が必要だ、という共通の足場を確認し合い、知的対話の有効性を実証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 病い、そして癒しの術と学
  • 第2章 医学史への道
  • 第3章 医学史と数学史-あるいはカオスとコスモス
  • 第4章 日本の科学史・世界の科学史
  • 第5章 変貌する現代医学
  • 第6章 臓器移植医療をめぐる省察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医学史と数学史の対話 : 試練の中の科学と医学
著作者等 佐々木 力
川喜田 愛郎
書名ヨミ イガクシ ト スウガクシ ノ タイワ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.11
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 4121011023
NCID BN08329843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93018887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想