宮柊二歌集

宮英子, 高野公彦 編

濃やかな情愛と孤独な自己凝視-。戦後の代表的歌人宮柊二の全歌集から抜粋。作者は昭和初年に青春時代をおくり、苛酷な戦闘を体験し、戦後40年、誠実な一生活者として生きた。優れた戦争文学『山西省』のほか、サラリーマンの日常、家庭生活を詠い、生ある者への愛惜をこめた数多くの秀歌は人々の深い共感を呼ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 群鶏
  • 山西省
  • 小紺珠
  • 晩夏
  • 日本挽歌
  • 多く夜の歌
  • 藤棚の下の小室
  • 独石馬
  • 忘瓦亭の歌
  • 緑金の森
  • 純黄
  • 白秋陶像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮柊二歌集
著作者等 宮 柊二
宮 英子
高野 公彦
書名ヨミ ミヤ シュウジ カシュウ
書名別名 Miya shuji kashu
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.1
ページ数 346p
大きさ 15cm
ISBN 4003113810
NCID BN08328024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93027693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想