遺伝子工学の最前線

村松正実, 矢崎義雄 編

最新の遺伝子工学の基礎的技術を、第一線の研究者によってわかりやすく解説した、画期的な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 遺伝子工学と医学
  • 2 DNAと遺伝子
  • 3 遺伝子を研究するための基礎技術
  • 4 遺伝子をクローニングするには
  • 5 遺伝子異常を調べる
  • 6 遺伝子の発現をみる
  • 7 スカベンジャー受容体遺伝子の機能を調べる
  • 8 トランスジェニックマウスを用いた病態解析、疾患モデル作製
  • 9 疾患を分子病理からアプローチする
  • 10 単一遺伝子の異常による疾患
  • 11 遺伝子診断はどこまで可能か
  • 12 遺伝子治療の現状と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子工学の最前線
著作者等 村松 正実
矢崎 義雄
書名ヨミ イデンシ コウガク ノ サイゼンセン
シリーズ名 臨床医のための実験医学シリーズ 1
出版元 羊土社
刊行年月 1992.11
ページ数 150p
大きさ 21cm
ISBN 4897065003
NCID BN08318381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93009209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想