北海道の旅

串田孫一 著

[目次]

  • 1 雨の中の出発と、上野駅のホーム。 / 9
  • 2 急行列車の窓辺からの手紙。田園生活への憧れ。信号灯と十一日の月。 / 13
  • 3 夜の連絡船が桟橋を離れる。 / 18
  • 4 函館の海に五月の太陽がのぼる。 / 22
  • 5 洞爺湖畔のレストランで、ここまでの車窓からの春浅い風景を綴る。 / 26
  • 6 四十三山から有珠岳に登る。 / 31
  • 7 夕靄の山頂で少年に出会ったこと。 / 36
  • 8 「昭和新山生成日記」のこと。雨の海辺。 / 41
  • 9 苫小牧の街を歩き、支笏湖へ来る。湖を船で丸駒温泉へ渡る。 / 48
  • 10 支笏湖畔の朝の散歩。 / 56
  • 11 日高本線。月光の襟裳岬。 / 61
  • 12 岬の丘の羊たち。 / 69
  • 13 風の強かった幌泉の港と黄金道路。 / 73
  • 14 蜘蛛の子たちの空中旅行。日高の山々を眺め続けて目を痛める。 / 80
  • 15 狩勝峠。富良野。白金温泉。 / 86
  • 16 森の中の川原へ来て山靴が悦ぶ。 / 90
  • 17 十勝岳に登り噴煙に苦しむ。夕暮の雨の中の空の色。 / 96
  • 18 旭川でコーヒーを飲み、稚内へ急行に乗る。 / 105
  • 19 ノシャップ岬と生活の風化についての手紙。 / 111
  • 20 礼文島に渡り、更に海馬島に渡る。 / 118
  • 21 スコトン岬に上陸、船泊まで歩く。宿で聞いたクラリネットのこと。 / 129
  • 22 礼文岳に登り、同じ日桃岩で烏に取り囲まれたこと。 / 134
  • 23 香深の宿からの手紙。 / 144
  • 24 利尻島の鴛泊に寄って稚内に戾る。 / 148
  • 25 サロベツ原野を通り、名寄に泊る。 / 154
  • 26 オホーツク海、サロマ湖の畔を走り網走。更に斜里岳の麓まで。 / 159
  • 27 清里の宿にて。 / 166
  • 28 斜里岳の雪と藪と岩。頂上から三井農場へ下る。 / 170
  • 29 霧の摩周湖から屈斜路湖へ来る。 / 184
  • 30 和琴半島で遊ぶ。 / 189
  • 31 美幌峠を越し、美幌から急行で札幌まで。途中、大雪山の雷雨のこと。 / 195
  • 32 札幌からの短い手紙。 / 202
  • 33 倶知安。噴火湾に虹がかかり、駒ヶ岳の姿が刻々変わる。 / 206
  • 34 砂原の海辺の一日。 / 211
  • 35 蜻蛉が生れた大沼の朝。函館の港。 / 218
  • 36 夕映えの北海道を去る。 / 224
  • あとがき / 229
  • 写真説明 / 233

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 北海道の旅
著作者等 串田 孫一
書名ヨミ ホッカイドウ ノ タビ
出版元 筑摩書房
刊行年月 1962
ページ数 239p 図版49p 表
大きさ 21cm
NCID BN08311597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63001856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想