芭蕉俳句16のキーワード

復本一郎 著

俳句を文芸たらしめるために、自らの生涯をささげた芭蕉。今日の俳句隆盛の礎は、彼の詩的遺産によるところ大である。51年に及ぶ俳聖の足跡を、キーワードを通して検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わび-芭蕉の生活規範
  • 第2章 さび-肯定されたさびしさ
  • 第3章 しほり-「あはれ」の形象化
  • 第4章 ほそみ-日常卑近な対象の中の悲しみ
  • 第5章 からび-枯野の美学
  • 第6章 位-理屈の排除から生じる品格
  • 第7章 不易流行-新しみの追求と普遍性と
  • 第8章 風雅の誠-誠なきものの中の誠
  • 第9章 本意・本情-伝統的美意識と、それへの挑戦
  • 第10章 ふる・ふらぬ-「本意・本情」と表現の的確性
  • 第11章 即興感偶-対象把握の方法と新味
  • 第12章 取合せ-離れた二物を結びつける感性
  • 第13章 等類-類句排除への姿勢の厳しさ
  • 第14章 俳意-笑いの文学としての俳諧
  • 第15章 あだ-少年世界への同化によるかろやかさ
  • 第16章 かるみ-韻律による「新しみ」の獲得

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉俳句16のキーワード
著作者等 復本 一郎
書名ヨミ バショウ ハイク ジュウロク ノ キーワード
書名別名 Basho haiku juroku no kiwado
シリーズ名 NHKブックス 659
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1992.11
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4140016590
NCID BN08310200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93042423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想