チェルノブイリの遺産

ジョレス・メドヴェジェフ [著] ; 吉本晋一郎 訳

人類史上最大といわれる産業事故-チェルノブイリ原発事故-の被害は想像以上に拡散した。影響はさらに深刻の度を増すだろう。しかし、正確にあのとき何が、なぜ起こったのか、そのすべてを語るレポートが、これまでにはなかった。本書は、旧ソ連の政治の内幕に精通し、同時に原子力開発利用の事情にも詳しく、ウラルの核事故を世界に知らしめた著名な生物学者が、経験と情報を駆使し、ドキュメントを収集し、あらゆる角度から分析をつくした最初の本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 チェルノブイリ事故の事後検討
  • 2 「放射性」火山
  • 3 環境への影響
  • 4 農業への影響
  • 5 ソ連国内における健康への影響
  • 6 地球規模の影響
  • 7 ソ連の原子力計画
  • 8 ソ連における核事故の歴史
  • 9 チェルノブイリ事故後の原子力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チェルノブイリの遺産
著作者等 Medvedev, Zhores A.
吉本 晋一郎
メドヴェジェフ ジョレス・A.
書名ヨミ チェルノブイリ ノ イサン
書名別名 The legacy of Chernobyl
出版元 みすず書房
刊行年月 1992.10
ページ数 352, 32p
大きさ 22cm
ISBN 4622037882
NCID BN08307330
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93006899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想