バスク人

ジャック・アリエール 著 ; 萩尾生 訳

イベリア半島北部、ピレネー山脈西端に広がるバスク地方は、古来より周囲の異文化の影響を受けながらも、きわめて独自の言語と風習を守り続けてきた。今また分離独立を訴える闘争に激しく揺れる「多国家間民族」バスク人の歴史と現在を、政治・経済・言語・民族学などの面から総体的に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 地理的環境
  • 第2部 太古から現代まで
  • 第3部 言語と文学
  • 第4部 バスク地方におけるバスク人
  • ヨーロッパ時代に向けてのエピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バスク人
著作者等 Allières, Jacques
萩尾 生
Allieres Jacques
アリエール ジャック
書名ヨミ バスクジン
書名別名 Les Basques. 4e éd. corr

Basukujin
シリーズ名 文庫クセジュ 735
出版元 白水社
刊行年月 1992.11
ページ数 194, 12p
大きさ 18cm
ISBN 4560057354
NCID BN08304671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93011616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想