古事記の新研究

倉野憲司 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緒論 / 1
  • 第一節 古事記研究の歴史的考察 / 1
  • 一 宣長以前 / 1
  • 二 宣長以後 / 13
  • 三 明治大正の時代 / 27
  • 第二節 ヨーロツパに於ける叙事詩論の推移 / 46
  • 第三節 叙事詩の定義並びにその特性 / 56
  • 第二章 叙事詩の起源及び發達 / 64
  • 第一節 古事記の先驅者 / 64
  • 第二節 歌謠の起源 / 66
  • 第三節 叙事詩の起源及び發達 / 72
  • 一 人群 / 74
  • 二 部族 / 75
  • 三 種族 / 78
  • 四 君主國 / 80
  • 第三章 日本上代の英雄時代 / 87
  • 第一節 日本民族論より見たる英雄時代 / 87
  • 第二節 文化上より見たる英雄時代 / 106
  • 第三節 古事記に反映せる英雄時代 / 114
  • 第四章 古事記の民族的成立 / 123
  • 第一節 我が上代に於ける原始的歌舞 / 123
  • 第二節 外來のものと思はれる神話・傳説及び説話 / 131
  • 一 北方系統と思はれるもの / 133
  • A 三輪山式傳説 / 133
  • B 太陽崇拜説話 / 157
  • C 太陽托胎卵生説話 / 168
  • 二 南方系統と思はれるもの / 176
  • A 動物説話 / 176
  • B 浦島式傳説 / 184
  • 第三節 其他の民族的或は國民的神話・傳説及び説話 / 202
  • 一 遊離説話 / 203
  • A 怪物退治説話 / 203
  • B 妻爭説話 / 205
  • C 兄弟軋轢の説話 / 208
  • D 力競べの説話 / 211
  • E 英雄求婚説話 / 213
  • F 天降神話 / 215
  • G 大樹説話 / 217
  • 二 民間地名説話 / 228
  • 三 俚諺に伴ふ説話 / 234
  • 四 民間信仰を反映せる神話・傳説及び説話 / 239
  • A 自然精靈の信仰 / 241
  • B Tabooの習俗 / 247
  • 尻久米繩
  • 喪屋
  • 産屋
  • C 咒術的行爲 / 261
  • 拂淨
  • 日蝕の場合に行ふ咒術
  • 穀物の豐饒を促す咒術、天逆手
  • 宇氣比、探湯、詛
  • 咒物崇拜
  • D 太占、夢の告、神懸 / 286
  • 太占
  • 夢の告
  • 神懸
  • 宇宙三分の信仰
  • 第四節 神話傳説の統一 / 301
  • 第五節 語部 / 311
  • 第六節 先代舊辭及び帝皇日繼 / 324
  • 第七節 古事記の民族的成立 / 333
  • 第五章 古事記の統一性並びに其の藝術的價値 / 340
  • 第六章 古事記に現はれたる英雄的性質 / 393
  • 第一節 Heroicといふ語の意義 / 393
  • 第二節 英雄的動作 / 395
  • 一 相拮抗せる二つの力の爭鬪 / 396
  • 二 不均衡なる二つの力の爭鬪 / 399
  • 三 爭鬪に際し咒物の神祕力によつて勝を占める型 / 403
  • 四 爭鬪に際し詭計を用いて勝を占める型 / 404
  • 五 仇討 / 405
  • 第三節 英雄的性格 / 410
  • 第四節 國民的(或は民族的)英雄 / 416
  • 第七章 古事記に現はれたる説話的性質 / 421
  • 第一節 Narrativeといふ語の意義 / 421
  • 第二節 歴史的事件と作中の事件との關係 / 423
  • 第三節 上中下三卷に於ける語りぶりの差異 / 427
  • 第四節 類型的説話法 / 431
  • 第五節 挿話 / 436
  • 第八章 結論 / 449

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 古事記の新研究
著作者等 倉野 憲司
書名ヨミ コジキ ノ シンケンキュウ
シリーズ名 国文学研究叢書 ; 第9編
出版元 至文堂
刊行年月 昭和2
ページ数 456p
大きさ 19cm
NCID BN08291831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46088123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想