風土記説話の古代史

滝音能之 著

奈良時代初期に編纂された各国の地誌『風土記』。その成立から、当時の人々の風習・信仰・伝承に至るまで幅広く論じた一書。『風土記』の中に古代の人々の息吹きを感じ、その生活と伝承を暖かい目で捉えようとする、それが著者の『風土記』研究における基本的姿勢である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 風土記の成り立ち(『風土記』の性格
  • 『風土記』と「記紀」・『万葉集』)
  • 2 宗教的世界(荒ぶる神
  • スサノオ神についての二つのイメージ
  • 神仙思想
  • 龍宮への道
  • 呪術の世界
  • 蘇民将来伝承の謎
  • 寺院と僧尼)
  • 3 社会・生活と伝承(国境と人々
  • 餅と天女と白鳥と
  • さまざまな水産物
  • 古代人の口
  • 目ひとつの鬼
  • 倭武天皇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風土記説話の古代史
著作者等 滝音 能之
書名ヨミ フドキ セツワ ノ コダイシ
シリーズ名 風土記
出版元 桜楓社
刊行年月 1992.9
ページ数 150p
大きさ 19cm
ISBN 4273025957
NCID BN08289148
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93050291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想