アルプス・ヒマラヤからの発想

藤田和夫 著

ヒマラヤはいつ、どのように形づくられたか?アルプスとの違いは?中国に地震が多いのはなぜか?地球科学者の目で巨視的に見たユーラシア変動帯の全容とナゾ。大興安嶺探検から発し、カラコラム・パミール・コンロン・天山・雲南・アルプスへと連なる、著者のフィールドワークの集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 白頭山を越えて満州へ
  • 2 白色地帯-大興安嶺探検
  • 3 インダス峡谷の旅
  • 4 カラコラムからヒンズークシへ
  • 5 アルプス縦断旅行
  • 6 地上900キロから見た中央アジア
  • 7 日本砂山列島
  • 8 雲南地震紀行
  • 9 寧夏地震紀行
  • 10 西夏王国
  • 11 タクラマカン砂漠をめぐる山やま
  • 12 日本列島ヒマラヤ論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルプス・ヒマラヤからの発想
著作者等 藤田 和夫
書名ヨミ アルプス ヒマラヤ カラノ ハッソウ
書名別名 Arupusu himaraya karano hasso
シリーズ名 朝日文庫
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1992.7
ページ数 380p
大きさ 15cm
ISBN 4022607122
NCID BN08281532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92052037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想