千島概史

高倉新一郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 千島の範囲及びその環境 / p4
  • 一 千島とクリル列島 / p4
  • 二 クリル諸島の自然 / p5
  • 三 色丹島 / p8
  • 第二章 原始の姿 / p9
  • 一 日本と大陸との間の飛石 / p9
  • 二 原住民 / p10
  • 三 原住民の生活 / p15
  • 四 交易 / p19
  • 五 ウヰマム 朝貢 / p22
  • 第三章 千島の発見 / p26
  • 一 最初の千島地図 / p26
  • 二 最初の探険 / p34
  • 三 ロシヤの進出 / p39
  • 第四章 日露の千島経営 / p46
  • 一 ロシヤの千島経営 / p46
  • 二 日露の接触 / p51
  • 三 幕府の千島調査 / p56
  • 四 国後土人の叛乱 / p64
  • 五 ロシヤ使節の来航 / p68
  • 六 幕府の再調査 / p71
  • 第五章 日露の衝突 / p74
  • 一 幕府の千島経営 / p74
  • 二 ロシヤ人の千島襲撃 / p82
  • 三 千島列島の測量 / p88
  • 四 ゴロヴニンの拘囚 / p94
  • 第六章 国境の劃定 / p98
  • 一 日露関係安定す / p98
  • 二 幕府の退嬰 / p101
  • 三 国境の劃定 / p105
  • 第七章 久里留樺太の交換 / p109
  • 一 日露の千島経営 / p109
  • 二 英米の進出 / p114
  • 三 久里留樺太交換条約の締結 / p115
  • 第八章 日本の北千島経営 / p121
  • 一 北千島土人の保護 / p121
  • 二 密猟船の横行 / p124
  • 三 北千島探険と移住 / p127
  • 第九章 千島開発の盛行と太平洋戦争 / p136
  • 一 猟業より漁業え / p136
  • 二 漁業基地となる / p138
  • 三 軍事基地となる / p143
  • 四 ソ連軍の占拠 / p147
  • 第十章 結び / p153
  • 註解 / p156
  • 参考書 / p163

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 千島概史
著作者等 高倉 新一郎
書名ヨミ チシマ ガイシ
書名別名 Chishima gaishi
出版元 南方同胞援護会
刊行年月 1960
ページ数 170p 地図
大きさ 19cm
NCID BA38900030
BN08270332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60012169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想