ゼロからの出発 : わが臓器移植の軌跡

トーマス・スターツル 著 ; 小泉摩耶 訳

1963年、世界初の肝臓移植を敢行。以来30年、さまざまな困難を乗り越え、先端医療の道を突き進んできた外科医「苦闘と勇気」そして難病者を救おうという情熱。いま、我々日本人は何を学ぶべきか。肝臓移植の世界的権威が初めて書いた自伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 パズル人間
  • 2 印刷用インク
  • 3 医学部
  • 4 ジョンズ・ホプキンズ病院
  • 5 南部への旅行
  • 6稔りある空白
  • 7 中身か妙技か
  • 8 ロッキー山脈
  • 9 肝臓移植失敗の試練
  • 10 『タイム』
  • 11 組織適合
  • 12 なぜ肝臓は二つないか
  • 13 拒絶反応を逆襲
  • 14 ドナーと臓器
  • 15 肝臓サミットチーム
  • 16 ピュロスの勝利
  • 17 氷山とハンマ
  • 18 スモーキー
  • 19 腎臓戦争
  • 20 四都物語
  • 21 バーミンガム刑務所の手紙
  • 22 肝臓戦争
  • 23 政治
  • 24 ラム知事
  • 25 無名の薬品
  • 26 糸が切れる日
  • 27 鼓笛隊の少女
  • 28 回想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゼロからの出発 : わが臓器移植の軌跡
著作者等 Starzl, Thomas E.
Starzl, Thomas Earl
小泉 摩耶
Starzl Thomas E.
スターツル トーマス・E.
書名ヨミ ゼロ カラノ シュッパツ
書名別名 The puzzle people
出版元 講談社
刊行年月 1992.8
ページ数 417p
大きさ 20cm
ISBN 4062057298
NCID BN08266936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92064382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想