物語論批判 : 世界・欲望・エロス

岸田秀, 竹田青嗣 著

欲望とは、恐怖からの逃避なのか、あるいは意識の彼方から突然訪れる<非知>なのか-。気鋭の文芸評論家にして西洋哲学に通暁する竹田青嗣が、精神分析学において独自の体系を完成させた、岸田秀に挑む。異質なる知性との邂逅によって浮かび上がる、岸田流「唯幻論」の全く新しい相貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代日本と自我
  • 第2章 対人恐怖症と対神恐怖症
  • 第3章 欲望と不安
  • 第4章 恋愛と嫉妬
  • わたしは何を信じているか
  • 実存の根底

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語論批判 : 世界・欲望・エロス
著作者等 岸田 秀
竹田 青嗣
書名ヨミ モノガタリロン ヒハン
書名別名 Monogatariron hihan
シリーズ名 岸田秀コレクション
出版元 青土社
刊行年月 1992.10
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 4791790936
NCID BN08262094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93041437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想