日本上代の彫刻

望月信成 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緒言 / 3
  • 第二章 彫刻藝術の曙光 土偶と埴輪 / 9
  • 第三章 飛鳥時代 / 31
  • 一、 序説 / 31
  • 二、 飛鳥朝彫刻の搖籃期 / 35
  • 三、 飛鳥朝彫刻の圓熟期 / 40
  • 四、 飛鳥朝彫刻の樣式 / 46
  • 一、 北魏系と南梁系との交入 / 46
  • 二、 彫刻的二要素の對立 / 75
  • 五、 飛鳥朝彫刻の作例 / 92
  • 六、 飛鳥朝彫刻と圖像 / 129
  • 七、 飛鳥朝彫刻と日本的特色 / 159
  • 第四章 寧樂時代 / 171
  • 一、 序説 / 171
  • 二、 寧樂文化の發逹と諸大寺の造營 / 174
  • 三、 東大寺大佛の造顯 / 186
  • 四、 寧樂朝彫刻の材料と技法 / 198
  • 五、 造佛所の機構と佛工 / 221
  • 六、 寧樂朝彫刻の特質とその樣式 / 246
  • 七、 寧樂朝彫刻の樣式發展とその作例 / 268
  • 第五章 結言 / 319
  • 附録 主要なる上代彫刻作品 / 323

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本上代の彫刻
著作者等 望月 信成
書名ヨミ ニホン ジョウダイ ノ チョウコク
出版元 創元社
刊行年月 昭和18
版表示 第3版
ページ数 336p 図版15枚
大きさ 19cm
NCID BN08259125
BN15298921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46022746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想