徒然草を解く

山極圭司 著

鎌倉幕府の崩壊、南北朝動乱という激動の時代を生き抜いた卜部兼好。彼は草庵に清貧の生活を送る閑人ではなく、"つれづれなるままに"筆をすすめた徒然草は、いわゆる隠者文学ではなかった。徒然草に秘められた、宮廷人・兼好の思惑や苦悩とは。危機の中で生きのびるためにとった手段とは。常縁本『徒然草』をもとに、従来の兼好像に一石を投ずる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 枕草子の影
  • 2 宮廷回顧
  • 3 家のきずな
  • 4 時と所
  • 5 水面下の戦い
  • 6 危急の中

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徒然草を解く
著作者等 山極 圭司
書名ヨミ ツレズレグサ オ トク
書名別名 Tsurezuregusa o toku
シリーズ名 徒然草
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1992.11
ページ数 208p
大きさ 20cm
ISBN 4642073884
NCID BN08257367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93008502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想