河上肇研究

住谷一彦 著

[目次]

  • 序論 河上肇と現代-マルクス主義史上における河上肇の位置によせて
  • 1 分析視角=河上肇と柳田国男-特殊・日本「市民社会」形成の思想体系研究覚え書
  • 2 明治三八年の河上肇-河上肇における「学問と人生」の危機
  • 3 河上肇の人間像と思想像
  • 4 河上肇の「国家論」小考-「政治学講義」草稿について
  • 5 河上肇と沖縄-河上肇の歴史意識解読への試み
  • 6 「宗教的真理」と「科学的真理」の相関-河上肇における生と死の葛藤と「救いの確かさ」の思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 河上肇研究
著作者等 住谷 一彦
書名ヨミ カワカミ ハジメ ケンキュウ
書名別名 Kawakami hajime kenkyu
出版元 未来社
刊行年月 1992.8
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 462432143X
NCID BN08250299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92068319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想