花の詩史 : ヨーロッパ文学 詩にうたわれた花の意味

山中哲夫 著

文学における花々は時代とともに相貌を変えてきたが、そこに込められたものは一貫して「愛」であった。花=愛の歴史を綴った異色西欧文学史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 中世の花
  • 2 ルネサンスの花
  • 3 バロックの花
  • 4 ロココの花
  • 5 近代の花
  • 6 現代の花

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花の詩史 : ヨーロッパ文学 詩にうたわれた花の意味
著作者等 山中 哲夫
書名ヨミ ハナ ノ シシ
出版元 大修館書店
刊行年月 1992.11
ページ数 398p
大きさ 20cm
ISBN 4469250457
NCID BN0824481X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93008273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想