騎士の時代 : ドイツ中世の王家の興亡

フリードリヒ・フォン・ラウマー 著 ; 柳井尚子 訳

神聖ローマ帝国の盛期=輝ける中世のドラマ。国王・皇帝を輩出したホーエンシュタウフェン家の興亡を、教皇との権力闘争を軸に、ロマン主義の薫りゆたかに描き上げた文学的歴史記述の古典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ホーエンシュタウフェン家、ツェーリンゲン家、ヴェルフェン家
  • ホーエンシュタウフェン家がザリエル家を継承、ロタール選ばれてドイツ王に
  • ロタール王の敵対者としてのホーエンシュタウフェン家
  • ドイツ国王に選ばれたホーエンシュタウフェン家のコンラート
  • 王コンラート3世の初期
  • 第2回十字軍勧説〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 騎士の時代 : ドイツ中世の王家の興亡
著作者等 Raumer, Friedrich von
柳井 尚子
ラウマー フリードリヒ・フォン
書名ヨミ キシ ノ ジダイ
書名別名 Geschichte der Hohenstaufen und ihrer Zeit
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 386
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.11
ページ数 462, 29p
大きさ 20cm
ISBN 4588003860
NCID BN08243293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93010284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想