上杉謙信

井上鋭夫 著

[目次]

  • 上杉謙信 目次
  • 戦国の越後 / p7
  • 戦国武将の条件 / p7
  • 越後の地勢 / p10
  • 越後府中の様相 / p13
  • 支配層の横顔 / p20
  • 長尾氏の勃興 / p26
  • 長尾氏のおこり / p26
  • 三つの長尾家 / p30
  • 応永の乱おこる / p34
  • 大乱の再発と史的意義 / p40
  • 将軍義教と長尾邦景 / p44
  • 守護領国の発展 / p51
  • 邦景父子失脚す / p51
  • 安定した守護の座 / p56
  • 越府の客人たち / p61
  • 大地震う / p69
  • 下剋上 / p76
  • 長尾能景の死 / p76
  • 為景叛逆す / p80
  • 関東軍の侵入 / p85
  • 悲愁管領塚 / p92
  • 幽囚の守護大名 / p96
  • 上杉謙信登場の前夜 / p103
  • 戦の鬼長尾為景 / p103
  • 一向宗禁制 / p108
  • 晴れのち曇り / p111
  • 虎千代の誕生 / p116
  • 上条の乱 / p121
  • 春日山城に入る / p129
  • 晴景の政策転換 / p129
  • 養子は禍のもと / p135
  • 影虎、栃尾城に入る / p139
  • 米山の仮眠と春日山入城 / p142
  • 国内統一 / p149
  • 上田長尾家の立場 / p149
  • 影虎の政治工作 / p154
  • 長尾政景降る / p158
  • 湖上の殺人? / p163
  • 信越国境の危機 / p168
  • 景虎上洛す / p174
  • 越後の内輪もめ / p183
  • 内憂外患つづく / p188
  • 功成りて身退く / p191
  • 越後統一成る / p196
  • 関東進撃 / p202
  • 御館の造営 / p202
  • 敵は小田原にあり / p210
  • ふたたび上洛す / p215
  • 馬を関東に入る / p221
  • 小田原城に迫る / p228
  • 関東管領の栄光 / p235
  • 血涙川中島 / p242
  • 川中島合戦始まる / p242
  • 飯山城危うし / p249
  • 鞭声粛々夜河を渡る / p254
  • 血染の感状 / p265
  • 甲・越のどろ仕合い / p274
  • 戦局の転回 / p284
  • 征馬西に進む / p294
  • 和して同ぜず / p294
  • 甲・相和を復す / p301
  • 風にそよぐ葦 / p305
  • 西部戦線異常なし / p311
  • 霜は軍営に満つ / p315
  • 最後の動員令 / p324
  • 棺をおおうて定まらず / p331
  • 年譜 / p335
  • 編集にあたって / p342

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 上杉謙信
著作者等 井上 鋭夫
書名ヨミ ウエスギ ケンシン
書名別名 Uesugi kenshin
シリーズ名 日本の武将 ; 35
出版元 人物往来社
刊行年月 1966
ページ数 341p 図版
大きさ 19cm
NCID BN08239660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66003359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想