大聖堂のコスモロジー : 中世の聖なる空間を読む

馬杉宗夫 著

そびえ立つ尖塔、内部に広がる一大空間。中世ヨーロッパのキリスト教信仰の深まりの中、刻まれ、組み上げられた石の構造物は神の国を表出する。ロマネスク、ゴシックを中心に美しき大聖堂に込められた意味を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教会堂の起源とその誕生
  • 第2章 修道院建築-ロマネスクの世界
  • 第3章 大聖堂(カテドラル)の成立-大聖堂で表現されているもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大聖堂のコスモロジー : 中世の聖なる空間を読む
著作者等 馬杉 宗夫
書名ヨミ ダイセイドウ ノ コスモロジー
書名別名 Daiseido no kosumoroji
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1992.10
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4061491202
NCID BN08236618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93006880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想