日本の冷害 : 凶冷の実態と対策

奥田穣 編

[目次]

  • 目次
  • 序 和達清夫 / p1
  • はしがき / p3
  • 第一章 冷害の実相 / p1
  • 第一節 グスコーブドリの伝記--宮沢賢治の夢-- / p2
  • 第二節 昭和三十一年の冷害=豊作の中の凶作 / p7
  • 第二章 凶冷史の教えるもの / p12
  • 第一節 古代・近世における冷害の惨状 / p13
  • A 古代の冷害と飢饉 / p13
  • B 徳川時代における冷害と社会 / p16
  • C 徳川時代における冷害対策 / p21
  • 第二節 明治以後の凶冷と対策 / p23
  • A 明治初年の大凶冷とその影響 / p24
  • B 明治凶作群と気象学的研究 / p25
  • C 昭和凶作群と植物生理の研究 / p27
  • 第三章 冷害の要因とその形態 / p30
  • 第一節 冷害をもたらすもの / p32
  • A ヤマセ / p32
  • B 梅雨と冷夏 / p37
  • C ジェット流と梅雨 / p40
  • 第二節 稲の生育時期からみた冷害の気象的要因 / p43
  • A 低温障害 / p44
  • B その他の要因による障害 / p47
  • 第三節 冷害をもたらす日本の地理的位置 / p50
  • 第四節 冷害の諸形態 / p51
  • 第五節 冷害の地域性 / p54
  • 第四章 冷害の気象学 / p58
  • 第一節 冷害に関する気象学史のあらまし / p58
  • A 徳川時代の学者とその研究 / p59
  • B 気象事業成立後の研究成果 / p60
  • C 気象台の農商務省移管問題 / p68
  • D 冷害の総観気象学的考察の萌芽(明治三十年代) / p69
  • E 冷害原因の総合考察時代(明治末~大正年代) / p71
  • F 冷害対策の具体化 / p75
  • 第二節 冷害時の異常低温・日照・降水量 / p78
  • A 日本付近における発現状況 / p79
  • B 北半球的規模における凶冷年の気象状況 / p87
  • C 気温の微気候的分布と冷害分布 / p92
  • 第三節 冷害をもたらす気象状態 / p95
  • A 苗代期から移植期(四~五月)の気象 / p96
  • B 分蘗期および幼穂形成期(梅雨期) / p99
  • C 開花期(八月) / p103
  • D 収穫期(九月) / p104
  • E 台風と稲作 / p106
  • 第四節 海況との関係 / p109
  • A 凶冷と海況 / p110
  • B 海氷との関係 / p114
  • 第五節 太陽活動との関係 / p115
  • A 太陽黒点数と太陽常数 / p116
  • B 太陽活動の変化と冷害 / p118
  • C 太陽活動の変化する原因 / p121
  • 第六節 火山爆発凶冷説とその批判 / p122
  • (付) 原水爆実験の影響 / p126
  • 第五章 冷害と農業技術 / p131
  • 第一節 東北地方の気候と稲作 / p131
  • A 稲の起源と北日木における稲作 / p131
  • B 北日本の気候と稲作を支配する気象要素 / p133
  • 第二節 冷害対策と冷害研究の歴史 / p136
  • A 徳川時代における冷害対策と研究--『会津農書』など / p136
  • B 明治以降における冷害研究とその特殊性 / p144
  • 第三節 低温による水稲の生理障害 / p147
  • A 冷害の形態と被害 / p148
  • B 低温による稲の冷害機構 / p149
  • 第四節 冷害とイモチ病 / p155
  • A 水田の環境とイモチ病 / p156
  • B 稲の生理とイモチ病 / p158
  • C 冷害天候とイモチ病の発生 / p162
  • 第五節 冷害とのたたかい / p165
  • A 冷害環境への抵抗 / p165
  • B 冷害環境の回避 / p170
  • C 冷害環境の改良 / p182
  • 第六章 冷害をなくすために--将来への展望 / p197
  • 第一節 冷害に対するたたかいのあと / p198
  • A 昭和九年の大凶作以後 / p199
  • B 戦後の成果 / p200
  • C 農業土木技術の発展 / p202
  • D 長期予報の精度と農業経営のありかた / p203
  • 第二節 冷害をいかにして克服するか--その科学技術的考察-- / p205
  • A 気象学・気象技術上の問題点 / p206
  • B 農業技術上の問題点 / p214
  • C 総合技術的対策の発展のために / p218
  • むすびにかえて / p227
  • 索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の冷害 : 凶冷の実態と対策
著作者等 奥田 穣
書名ヨミ ニホン ノ レイガイ : キョウレイ ノ ジッタイ ト タイサク
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1957
ページ数 230p
大きさ 21cm
NCID BN08226363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57004779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想