文化としての英語

多賀敏行 著

日本人の英語が実際使う段になって通じないと、日本の英語教育や教師の質が問題にされる。しかし真犯人は別にいるのではなかろうか。言語とはそれを育んできた文化-その社会に住む人々の価値観、人生観、日常の生活様式をも含む広い意味での文化-を凝縮したうわずみ液なのである。外国語で意思疎通を図る際に遭遇する困難は、文化と文化がぶつかり合う時に生ずるきしみや摩擦に他ならない。このような問題意識に立ち、比較文化論的視点を念頭において書いたのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目からウロコの英語体験
  • 歴史と外交に見る日本人の英語
  • 和製英語に気をつけて
  • 英国人の英語
  • 英語とフランス語の間に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化としての英語
著作者等 多賀 敏行
書名ヨミ ブンカ ト シテノ エイゴ
シリーズ名 丸善ライブラリー 63
出版元 丸善
刊行年月 1992.10
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 462105063X
NCID BN08224583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93005938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想