宗教民俗学への招待

宮家準 著

誕生・成人・死などの人生儀礼、祭、年中行事、物語などの民俗宗教は、実は気づかれていないが、我々の心の奥底にひそむ「見えない宗教」となっているのである。しかもこの民俗宗教は政治・社会・経済など種々の分野でたくみに利用されている。本書は、原風景・衣食住・病気・旅・女性そして死生観など直接宗教と関係しない身近な例を通して、我々の心のうちにひそむ見えない宗教の核心に迫ってゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宗教民俗学とは
  • 第2章 日本人の原風景
  • 第3章 住居と着物
  • 第4章 食物と薬
  • 第5章 病気の原因と治療
  • 第6章 日本人の旅
  • 第7章 女人禁制と救済
  • 第8章 日本人の死生観
  • 第9章 民俗宗教のコスモロジー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教民俗学への招待
著作者等 宮家 準
書名ヨミ シュウキョウ ミンゾクガク エノ ショウタイ
書名別名 Shukyo minzokugaku eno shotai
シリーズ名 丸善ライブラリー 65
出版元 丸善
刊行年月 1992.10
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4621050656
NCID BN08224346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93005509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想