韃靼

衛藤利夫 著

奉天在住時代、戦後日本の図書館界での活躍等、生涯を図書館事業に尽力した著者が熱情こめて語る。康煕帝・南懐仁のこと、そして実利主義の横行とは裏腹に純粋な教化伝道のため、または学術調査を志して満州、蒙古、シベリアの僻地に入った宣教師やアジア文化史上の先人の足跡を探求し、満州文化史の一面を紹介する名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 墓と本
  • 蒙古漂流記
  • 黒竜江を下った2人のフランス、ローマ・カトリック僧の話
  • 辺疆異聞抄
  • 300年前満洲に来た日本人の話
  • 康煕帝と南懐仁
  • 南懐仁の満洲旅行記
  • 南懐仁の満洲旅行記後記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韃靼
著作者等 衛藤 利夫
書名ヨミ ダッタン
書名別名 Dattan
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.3
ページ数 318p
大きさ 16cm
ISBN 4122018862
NCID BN08213361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92041613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想