ベルギー公使夫人の明治日記

エリアノーラ・メアリー・ダヌタン 著 ; 長岡祥三 訳

長く外交団夫人の首席を務めた公使夫人の14年にわたる日本滞在記。日清・日露の両戦役に勝利し、条約改正を実現して日英同盟締結に至る、躍進する明治日本の政治・外交、社交界、文化・風俗の貴重な記録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルギー公使夫人の明治日記
著作者等 Anethan, Eleanora Mary d'
D'Anethan, E. Mary
長岡 祥三
D'Anethan Eleanora Mary
ダヌタン エリアノーラ・メアリー
書名ヨミ ベルギー コウシ フジン ノ メイジ ニッキ
書名別名 Fourteen years of diplomatic life in Japan
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.10
ページ数 426p
大きさ 20cm
ISBN 4120021610
NCID BN08212664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93013049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想