国際化時代に生きる日本人

尾関周二 ほか編著

日本人にとって「国際化」とは何か、国際化時代をいかに生きるか。外国人労働者問題・異文化理解など、「国際化」の諸相を、人文・社会科学の視点から学際的に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国際化と<コミュニケーション>の思想
  • 第2章 「国際化のなかの日本文化」論の陥穽
  • 第3章 「国際化」と生涯教育・生涯学習
  • 第4章 「国際化」と在日アジア人労働者観の歩み
  • 第5章 近代日本における「国際化」の検証-日露戦争後日本人の「満州」進出と居留民社会論
  • 第6章 見過ごされる世界の変動-ジャワ農村の過剰人口・貧困・家族
  • 第7章 移民労働者の社会統合と「国民国家」-南仏マルセイユの経験から
  • 第8章 「国際化」と租税-国際課税原則の再検討
  • 第9章 「国際化」と国家という枠組み-外国人労働者問題を一素材に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際化時代に生きる日本人
著作者等 千野 陽一
尾関 周二
高橋 明善
久保田 穣
書名ヨミ コクサイカ ジダイ ニ イキル ニホンジン
出版元 青木書店
刊行年月 1992.10
ページ数 284p
大きさ 20cm
ISBN 425092033X
NCID BN08210465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93013256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想