「家族する」家族 : 父親不在の時代というが…

中野収 著

[目次]

  • プロローグ モデルなき時代の家族
  • 1 父親不在の光景-排除か逃亡か
  • 2 「家族する」家族-家族の逆説
  • 3 父親不在の周辺-不在か変質か
  • 4 密着する母と子-母・子+男の構造
  • 5 再婚-幸福の決断
  • 6 シングルも家族-やむをえない選択!?
  • 7 女の領域・男の領域-役割の固定化・流動化
  • 8 家族崩壊の後に-「逸脱的家族」の可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「家族する」家族 : 父親不在の時代というが…
著作者等 中野 収
書名ヨミ カゾクスル カゾク
シリーズ名 いま家族を問う 8
出版元 有斐閣
刊行年月 1992.10
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 4641075603
NCID BN08205206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93007939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想