高等学校の社会史 : 新制高校の<予期せぬ帰結>

門脇厚司, 飯田浩之 編

新制高校"光と影"の40年。今や進学率は95%を越えた。この異例の量的達成が高等学校にもたらした<予期せぬ帰結>-。序列化と不本意入学、定時制・職業高校の不振、そして三無主義の蔓延。当初の理念を見失い、意図せぬ<多様化>の道をさまよう、"高校・変容の軌跡"を鋭くえぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新制高等学校の理念と実際
  • 第2章 高等学校の量的拡大と質的変化
  • 第3章 定時制高校の変容と現状-都立F高等学校を事例として
  • 第4章 高校入試制度の変遷と問題点
  • 第5章 高校教師の質的変化
  • 第6章 高校生にみる在校意識の変質
  • 第7章 高等学校をみる社会的視線の変容-「高校問題」の社会史の試み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高等学校の社会史 : 新制高校の<予期せぬ帰結>
著作者等 門脇 厚司
飯田 浩之
書名ヨミ コウトウ ガッコウ ノ シャカイシ
書名別名 Koto gakko no shakaishi
出版元 東信堂
刊行年月 1992.9
ページ数 236p
大きさ 22cm
ISBN 4887131526
NCID BN08201668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93005491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想