映画キャメラマンの世界

渡辺浩 著

監督の演出に応じてドラマを映像化する映画キャメラマンの仕事は厳しく奥深い。ロケハンや撮影現場の進行から、フィルムやレンズの選択、構図の決定、現像・完成まで、画面に全責任を負う。時に監督と激しく対立しても自らの映像を追求する者の喜びや苦心とは?松竹での経験を踏まえ、職人世界の全貌を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 映画とキャメラマン
  • 2 キャメラマンの仕事は見えにくい
  • 3 監督とキャメラマンの間
  • 4 山田洋次と高羽哲夫
  • 5 キャメラマンが仕事を始める
  • 6 キャメラマンのギャラ
  • 7 撮影現場では
  • 8 映画にはライティングがつきものだ
  • 9 変ってきたライティング
  • 10 フィルムの特性
  • レンズの選択
  • 12 ドラマを生かす特撮
  • 13 キャメラマンのなかのキャメラマン
  • 14 キャメラマンの仕事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画キャメラマンの世界
著作者等 渡辺 浩
書名ヨミ エイガ キャメラマン ノ セカイ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.10
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 4004302501
NCID BN08190481
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93010922
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想