古代の日本  第8巻

戸沢 充則;笹山 晴生【編】

先土器時代の2系統の細石器文化、その技法の伝播とモノの動きとは。北関東に展開する巨大古墳、東国に蟠踞した豪族と畿内王権との関係を解明。牧・水田・集落遺構から古代東国の馬の飼育と農耕生活を復元。『常陸国風土記』にみる神々と伝承、"東人"の生活とその精神世界を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代の東国
  • 2 赤土のなかの人類文化
  • 3 貝塚文化の形成と展開
  • 4 関東台地の農耕村落
  • 5 古代東国社会の基盤
  • 6 関東の古墳と地域首長の成立
  • 7 有銘鉄剣にみる東国豪族とヤマト王権
  • 8 大化改新と東国国司
  • 9 律令制と東国
  • 10 東国の国府と郡家
  • 11 関東の古代寺院
  • 12 農耕生活と馬の飼育
  • 13 「東人」と東北経営
  • 14 神々の世界とその変貌
  • 15 平将門の乱と東国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代の日本
著作者等 坪井 清足
平野 邦雄
戸沢 充則
笹山 晴生
書名ヨミ コダイ ノ ニホン
書名別名 関東
巻冊次 第8巻
出版元 角川書店
刊行年月 1992.10
版表示 新版.
ページ数 422p
大きさ 23cm
ISBN 4045220089
NCID BN08173868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93006459
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
関東 笹山 晴生, 戸沢 充則
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想