医者と患者が危ない

向井長男 著

日本の医療に鋭いメスを入れる著者が、患者に信頼される医療システムを作り上げた。その"グループ診療"とはどんなものなのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ「グループ診療」なのか
  • 第2章 「民診官病」のすすめ
  • 第3章 日本の医療はすぐれているか
  • 第4章 医者は一生、勉強だ
  • 第5章 医療と「生きがい」
  • あとがき 21世紀の医療のビーコン・ライト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医者と患者が危ない
著作者等 向井 長男
書名ヨミ イシャ ト カンジャ ガ アブナイ
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1992.9
ページ数 201p
大きさ 20cm
ISBN 4478190143
NCID BN08172231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92066257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想