徒然草

久保田淳 著

『徒然草』は処世哲学の書か。鬼女の噂に引かれ出、賀茂の競馬を見物する物見高さ。田地を買い求め、また関東の情報をもつのはなぜなのか。兼好の素顔を明らかにするとともに、徹底した観察眼によって書かれた作品内部からは、その女性観、人間観、信仰、美意識などを探り、さまざまな相貌をみせる作品世界に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鬼女の噂-物見高い兼好
  • 院の御桟敷-中世京都の都市空間
  • 賀茂の競馬
  • 兼好の生没と出家の年
  • 兼好と堀河家
  • 兼好の関東体験
  • 兼好は東男か
  • 悲田院の尭蓮上人-兼好の吾妻人に対する意識
  • 徒然草の成立
  • 兼好ごのみの女性
  • 飲酒論
  • 感覚的なものから内面的なものへ
  • 心の観察と現実に対する認識
  • 日本的なものへの親和

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徒然草
著作者等 久保田 淳
書名ヨミ ツレズレグサ
シリーズ名 古典講読シリーズ 105
徒然草 105
岩波セミナーブックス 105
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.10
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 4000042548
NCID BN08168198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93011117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想