イワナ棲む山里

足立倫行 文 ; 秋月岩魚 写真

かつて銀鉱で栄え、今「イワナで食ってる」のが奥只見の銀山平。だが、首都圏への送水を目的としたダム建設計画が進行中。実現すれば、自然や培った暮らし、"絆"までをも失いかねない。だから疑視した。「自然か開発か」など田舎に共通の諸問題を。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 銀山平の秋
  • 第2章 豪雪との共存
  • 第3章 万物が動き出す春
  • 第4章 イベントの夏
  • 第5章 揺れる台風シーズン
  • 第6章 再び巡る季節

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イワナ棲む山里
著作者等 秋月 岩魚
足立 倫行
書名ヨミ イワナ スム ヤマザト
シリーズ名 ネイチャーブックス
出版元 世界文化社
刊行年月 1992.11
ページ数 270p
大きさ 22cm
ISBN 4418925236
NCID BA30865694
BN08166818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93008965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想