テレコミュニケーションの経済学

林敏彦, 松浦克己 編

[目次]

  • 序章 テレコム経済の現状と課題
  • 第1部 規制と寡占の経済理論(規制と競争の経済理論
  • 情報の非対称性とテレコム市場
  • 寡占的競争と競争戦略
  • 製品差別化と供給最大化仮説
  • ネットワーク経済の構造
  • 最適アクセスチャージの理論)
  • 第2部 日本の電気通信市場(電気通信産業の競争戦略
  • 電気通信市場における経済的規制
  • ネットワークの広帯域化と通信制度
  • 通信経済の将来にむけて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テレコミュニケーションの経済学
著作者等 松浦 克己
林 敏彦
書名ヨミ テレコミュニケーション ノ ケイザイガク
書名別名 Terekomyunikeshon no keizaigaku
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1992.10
ページ数 294p
大きさ 22cm
ISBN 4492312013
NCID BN08160436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93004523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想