エリザベス朝の世界像

E.M.W.ティリヤード 著 ; 磯田光一 ほか訳

従来ルネサンスは、個性を解放し近代の進歩を用意する曙の時代とされてきた。しかし実際は、燃え尽きんとする蝋燭がひときわ明るくなるような、巨大な中世の夕映えの時代だったのだ。シェイクスピアやミルトンの率直で剛健、豊饒な作品を支えているのは、中世の世界観なのだ。すなわち彼らはこう考えていた。石ころから天使に至るすべての存在は、不可視の鎖によって秩序正しくつながっており、人間は惑星の運行に対応して行動しなければならず、その惑星や恒星は天球の音楽に合せて舞踏している、と。偉大な作品の母胎が伝統と時代精神であったことを、鮮やかに実証する。ルネサンス観を転倒させた名著の決定訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秩序
  • 存在の鎖
  • 鎖の環
  • 対応する諸平面
  • 対応
  • 宇宙の舞踏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エリザベス朝の世界像
著作者等 Tillyard, E. M. W.
Tillyard, Eustace Mandevill Wetenhall
清水 徹郎
玉泉 八州男
磯田 光一
Tillyard E.M.W.
ティリヤード E.M.W.
書名ヨミ エリザベスチョウ ノ セカイゾウ
書名別名 The Elizabethan world picture

Erizabesucho no sekaizo
シリーズ名 筑摩叢書 367
出版元 筑摩書房
刊行年月 1992.10
ページ数 246, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4480013679
NCID BN08157384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93009752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想