中国アナキズム運動の回想

嵯峨隆 ほか編訳

中国近現代史の「禁区」であった中国アナキズム運動・思想の回想資料をその運動が辿った過程にあわせて編集・翻訳。近代中国の豊饒な思想的土壌を知る最良の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 清末(東京グループ劉師培とその周辺
  • パリグループ・<新世紀>の周辺)
  • 第2章 民国初期(師復と<民声>
  • 李石曾と進徳会)
  • 第3章 五四時期(各地における流行
  • 工読主義の周辺・工読互助団、工学会、赴法勤工倹学運動
  • 建党時期のアナボル合作)
  • 第4章 労働運動の実践(黄愛、〓@70AA人銓と湖南労工会
  • 広東機器工会の回想)
  • 第5章 20年代後半以降(上海労働大学の回想
  • <革命週報>とその周辺
  • アナキズムの変質)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国アナキズム運動の回想
著作者等 嵯峨 隆
玉川 信明
坂井 洋史
書名ヨミ チュウゴク アナキズム ウンドウ ノ カイソウ
書名別名 Chugoku anakizumu undo no kaiso
出版元 総和社
刊行年月 1992.9
ページ数 511, 30p
大きさ 21cm
ISBN 4915486435
NCID BN08155902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93049057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想