江戸文化評判記 : 雅俗融和の世界

中野三敏 著

江戸には江戸の文化を成熟させた先人がいた。その果実は、現代と全く異なる味わいがあるからこそおもしろい。著者は、江戸の文物を部品に一人乗りのタイム・マシーンを組立てて江戸観光を企てる。着いた時代は伝統の「雅」と新興の「俗」の両文化が見事に融和した壮年期の江戸。中央はもとより地方にも足を延ばし、一癖も二癖もある多彩な人々を訪れ、出版事情を探り、文人大名の蔵書も拝見。まずはこれを評判記に刻んで御報告の仕儀。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一人乗りのタイム・マシーン
  • 1 江戸的文化
  • 2 江戸の中央と地方
  • 3 廓の素顔
  • 4 箸休め
  • 5 伝記屋開店
  • 6 和本礼賛

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸文化評判記 : 雅俗融和の世界
著作者等 中野 三敏
書名ヨミ エド ブンカ ヒョウバンキ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.10
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 412101099X
NCID BN08154025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93011594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想