経済成長と計画編成

鎌倉昇 著

[目次]

  • 目次
  • 第I章 問題の設定と本書の構成 / p1
  • 1 問題の設定 / p1
  • 2 混合経済 / p2
  • 3 戦略的要因 / p3
  • 4 経済理論の役割 / p5
  • 5 混合経済の可能性とその困難性 / p6
  • 6 本書の狙いとその構成 / p8
  • 第II章 社会会計による国民経済計算 / p11
  • 1 国民経済計算 / p11
  • 2 社会会計の意義 / p11
  • 3 取引 / p13
  • 4 結合と統合 / p15
  • 5 国民資本表 / p17
  • 6 国民所得の諸概念 / p25
  • 7 国民所得表 / p31
  • 8 社会会計における部門群 / p33
  • 9 勘定システム / p34
  • 10 社会会計における評価 / p36
  • 11 国民経済計算表と国民経済予算 / p39
  • 12 社会会計の事後的性格 / p41
  • 13 社会会計の長所と限界 / p47
  • 第II章への補論 経済学と会計学の交渉 / p50
  • 1 貨幣価値不変の仮定 / p50
  • 2 原価主義と貨幣価値不変の仮定 / p52
  • 3 費用配分の観点と資産更新の観点 / p54
  • 4 貨幣購買力調整の仮定 / p56
  • 5 棚卸資産の評価 / p59
  • 6 固定資産の評価 / p62
  • 第III章 経済予測の諸手段 / p68
  • 1 経済予測の重要性 / p68
  • 2 種々の経済予測法 / p71
  • 3 素朴な予測法 / p72
  • 4 リーディング・インデクス法 / p78
  • 5 コンパラティヴ・プレッシャー法 / p82
  • 6 世論調査法 / p84
  • 7 計量経済学的方法 / p85
  • 第III章への補論 回帰分析の仕方 / p97
  • 1 回帰分析の意義 / p97
  • 2 1変量の回帰分析 / p98
  • 3 1変量の場合のテスト / p99
  • 4 予測の標準誤差 / p101
  • 5 2変量の回帰分析 / p102
  • 6 多変量の回帰分析 / p105
  • 7 連立方程式システムの回帰方析 / p111
  • 第IV章 経済成長と資本形成 / p116
  • 1 貧困の悪循環 / p116
  • 2 経済成長と人口 / p117
  • 3 経済成長と資本 / p121
  • 4 ボトルネック / p126
  • 5 失業の種類 / p128
  • 6 強制節約と資本形成 / p131
  • 7 貯蓄は貯蓄されず / p136
  • 8 投資の2面性 / p138
  • 9 成長率の概念 / p139
  • 10 資本係数 / p141
  • 11 現実の成長率と適正成長率 / p142
  • 12 外部節約 / p145
  • 13 国際分業の利益 / p146
  • 14 国際分業の利益と外部節約の利益 / p149
  • 15 貧困の悪循環の打破 / p150
  • 第IV章への補論 システムの過剰決定による非有意的失業の説明 / p152
  • 1 問題の概要 / p152
  • 2 ケインズにおける総供給函数の取扱い方 / p154
  • 3 ドーマーのモデルと過剰決定 / p156
  • 4 非有意的失業と摩擦的失業 / p158
  • 5 過剰決定による非有意的失業の説明は有効か / p161
  • 6 若干の補足的説明 / p163
  • 第V章 産業連関分析とリニアー・プログラミング / p167
  • 1 レオンティエフの封鎖モデル / p167
  • 2 レオンティエフの開放モデル / p170
  • 3 レオンティエフ・モデルにおける係数固定の仮定 / p171
  • 4 レオンティエフ・システムの作用するための条件と安定性 / p177
  • 5 リニアー・プログラミングのシンプレックス法による解き方 / p180
  • 6 リニアー・プログラミングのデュアル法による解き方 / p190
  • 7 リニアー・プログラミングの性格 / p191
  • 8 産業連関分析におけるボトルネックの導入 / p194
  • 9 産業連関分析による地域経済分析 / p198
  • 10 運輸計画におけるハウタッカーの方法 / p199
  • 第VI章 経済計画の編成 / p204
  • 1 産業連関分析によるギャップ・アナリシス / p204
  • 2 経済成長とインフレーション・ギャップ / p206
  • 3 レオンティエフ・モデルのリニアー・プログラミングへの応用 / p212
  • 4 シャドウ・プライス / p217
  • 5 シャドウ・プライスによる計画編成の例 / p219
  • 6 労働力存在量変化の影響 / p224
  • 7 むすび / p225
  • 参考文献 / p231
  • 索引 / p235

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済成長と計画編成
著作者等 京都大学総合経済研究所
鎌倉 昇
書名ヨミ ケイザイ セイチョウ ト ケイカク ヘンセイ
シリーズ名 京都大学総合経済研究所研究叢書 ; 第10
出版元 有斐閣
刊行年月 1958
ページ数 238p 表
大きさ 22cm
NCID BN0814419X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58007731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想